オスグット

このようなお悩みはありませんか?
  1. 膝の下に痛みがある
  2. 運動にともなう痛みがある
  3. 膝のお皿の下が出っ張っている
  4. 病院でオスグットと診断された
  5. 早く部活・競技に復帰したい

オスグットとは?|ハンズ鍼灸接骨院 小牧院

正式には「オスグッド・シュラッター症候群」と呼ばれ、スポーツをする子どもたちでよく見られます。

この症状は、走るやぶといった動作が多いサッカーやバスケットボールなどのスポーツをする成長期の小学生から高校生によく発生します。

オスグットの原因とは?|ハンズ鍼灸接骨院 小牧院

原因はスポーツによる過剰な使用(オーバーユース)です。

走る、跳ぶ、蹴るなどの動作によって、膝を伸ばす「大腿四頭筋」が強く緊張し、その付着部である膝下の骨、「脛骨粗面」を強く引っ張ってしまいます。

成長期には軟骨が骨に変わる時期であり、この軟骨が引っ張る力に耐えられず炎症を起こします。

場合によっては「剥離骨折」として診断されることもあります。

オスグットの症状

蓋骨の下に位置する「脛骨粗面」に痛みを感じ、「熱感」「発赤」が現れます。

外観的にはあまり変化がない場合でも「押圧痛」などの所見で状態を確認することが可能です。

特に子供やサッカー、バスケットボール、バレーボール、野球、陸上競技、バドミントン、テニスなど、ももの筋肉を多く使うスポーツを人に見られます。

成長痛との違いとしては運動後に痛みが引くのが成長痛であり、長く痛みが続くのがオスグット病と言われています。

症状の鎮静にひつようなのは「安静」です。痛みがある状態で運動を続けることは、痛みが続く原因になります。しっかりと炎症を鎮めるまで、部活やサークルを休んで痛みの回復に専念しましょう。

成長期が終わると、自然と痛みは治りますので、日常的なケアを大切にしましょう。

オスグットの施術|ハンズ鍼灸接骨院 小牧院

マッサージ施術

マッサージ施術でオスグット病の原因になる太ももの前の筋肉「大腿四頭筋」をしっかり緩めます。

この筋肉が緊張したままだと繰り返し患部に負担をかけ続けてしまい、症状を繰り返してしまいますので筋肉に柔軟性をとりもどす施術としてマッサージ施術を行います。

ハイボルテージ施術

オスグット病は大腿四頭筋の緊張による繰り返しの負担で、膝の骨に炎症が起こることが原因です。

痛みを抑えるために組織の修復を促し、痛み・炎症を抑える特殊電気施術「ハイボルテージ」を行います。

テーピング施術

患部の安静がとても大切ですが、競技を続けながらの回復を目指す場合はテーピング施術を行います。

当接骨院ではKTテープというトップアスリートも愛用するスポーツテーピングを用い、患部や筋肉の保護、サポートを行っています。

ご案内|ハンズ鍼灸接骨院 小牧院

※発症の原因がケガである場合、健康保険が適応になります。ご不明点ありましたらお気軽に問い合わせください。